本文へスキップ

日本仏教看護・ビハーラ学会 

TEL.043-265-9879

office@jabnvs.jp





領域を超えて日本的ターミナルケアを考える

information学会概要

本会は、「いのち」を主題とし、仏教を基にして、医療・福祉・教育などを中心に「いのち」へのかかわりを問い直し、その理論と方法、さらには実践について開拓することを目的とする。


学会名
日本仏教看護・ビハーラ学会
Japan Association for Buddhist Nursing and Vihara Studies (JABNVS)

設立
平成16年(2004年)

学会長
若麻績 敏隆


年次大会のお知らせ


若麻績 敏隆第14回年次大会は無事終了いたしました。ご参加くださった多くの方々に御礼申し上げます。次年度大会は平成31年8月30日~9月1日の日程で東京の増上寺で開催されます。ご参加をお待ち申し上げます。



研修会のご案内

医療・看護・福祉等の臨床現場で活動する皆様へ ストレスや不安の多い職業において、近年、セルフケアやストレス解消法としてマインドフルネスなどが注目されておりますが、日本仏教看護・ビハーラ学会では、日本仏教に昔から伝わっている「修行」に注目して「寺院で修行体験と実務研修」を計画しました。

各宗派の修行を体験していくプログラムです。その第一弾として、今回は、「大雄山最乗寺(神奈川県南足柄市)」様にご協力いただき、曹洞宗の坐禅(ざぜん)の修行体験を行います。皆様のご参加を心よりお待ちしております。
詳細はこちら





日本死の臨床研究会のご案内

日本仏教看護・ビハーラ学会の今井理事が開催に関わっており、若麻績会長や得丸理事の講演のほか、多くの会員がシンポジウムなどに参加する第42回日本死の臨床研究会年次大会は、平成30年12月8日~9日新潟市にて行われますので、ご案内申し上げます。
年次大会リンク


各様式ダウンロード

平成30年度学術研究費交付申請書様式(エクセル)をダウンロード
平成30年度学術研究費交付申請書様式(PDF)をダウンロード



店舗イメージ

shop info.店舗情報

日本仏教看護・ビハーラ学会
事務局

〒260-8701 
千葉県千葉市中央区
大巌寺町200 淑徳大学
アジア国際社会福祉研究所
郷堀研究室内
TEL. 043-265-9879
FAX. 050-3153-3647